銀行のキャッシングにおける保証会社の役割

銀行のカードローンでは保証会社の保証が受けられることが条件になります。
この保証会社の多くは信販会社や消費者金融であり、グループの傘下や資本提携している会社がつくケースがほとんどです。
銀行は住宅ローンや目的ローンをはじめ、個人向けの無担保融資を強化しており、カードローンもその一つです。
しかし、無担保融資などの個人与信の面ではノウハウも少ないため、実績のある信販会社や消費者金融がつく訳ですが、一番の役割に代位弁済があります。
この代位弁済はキャッシングの利用者が延滞状態に陥った場合に銀行の代わりに保証会社が弁済します。
債権も保証会社に譲渡され、返済の窓口は銀行から保証会社へと移ります。
また、銀行は貸金業者が主に利用する信用情報機関には加盟しておらず、信販会社や消費者金融がこの信用調査の面でも請け負います。
こうした仕組みから成り立っているのが銀行のカードローンです。
そのため、保証会社の審査と通過は必須条件となっています。